箱入り娘の初同棲ブログ

ゆとり世代、飲んべぇ2人のかつかつ生活を綴ります。

ご飯 同棲

晩酌

8月の終わり頃から料理へのモチベーションが下がってしまっています。
なんでかな、と最近考えていたんですが、多分、レパートリーが無くなったから。
私の家は昔から両親が共働きだったので、ご飯は自分の分は自分で用意することもあったし、大学生の時などは家族の分を作るときもあったけど、冷凍うどんとか適当なオムレツとか野菜炒めとかそんな感じで、
使うものと言えば麺つゆか白だしかウエイパーのみ。みたいなご飯だったので、それらを使って今持てる技を全て出し切ったら具材は違うけど味付けは似たり寄ったりなものばかりになってしまって、結果、自分で作ったご飯を食べることに飽きてきて、やる気が失せた、という感じです。

そんなわけで手抜きだったり同じ物だったりするけれど、相変わらずお家で二人でちびちび飲んでいるので、最近の晩酌報告を少ししたいと思います。

image_c0b829e

image_4fd4e9aはい。こんにゃくです。
私はこんにゃくが大好きです。
スーパーで大体1袋56円で手に入るし、カロリーが低いので夜食べてもあまり罪悪感がない。
本当は山形玉こんにゃくが大好きなんですが、味付け用の出汁までセットで売っているものは200円以上してしまうので我慢。
糸こんにゃくも大好きですが、全く持ってお腹にたまらないというか、あまり食べた気にならず満足感が得られないので、大体普通のこんにゃくで我慢します。
上の写真は切ってねじりました。
2枚目の写真はたまたまこの形状で安く売っていたので気分転換に買ってみました。
創味のつゆと酒とみりんに鷹の爪を入れて、かなり濃い味で20分ほどことこと汁がなくなるまで煮ます。最後にごま油をくるっと回しかけて完成。
ただこれだけですがいいおつまみ。大好きです。
でも玉こんにゃくを買ってみて気が付いたことは普通のこんにゃくより味が染みにくいことです。表面積はまぁまぁあると思うんですけどなぜでしょうか、普通のこんにゃくを切って調理した方が味も舌触りも良かったです。
このメニュー、本当に毎回同じなので彼はきっともう飽きていると思うけど、まだ文句は言われていないので、まだまだ頻出すると思います。

image_d7dad3d我ながら美味しく出来たと思ったら彼も大絶賛でうれしくなったメニュー。
豚バラ大根!昔から実家でよく母が作ってくれました。
本当はもう少し大根が大きい方が美味しいのかもしれないけど、仕事から帰って、彼が帰ってくるまでに味のしゅんだものを作るために、いつも小さめです。
具材を切って肉を炒めて大根を炒めて水・ほんだし・しょうゆ・みりんを適当に味を見ながら入れてコトコト!
かーーーーー!ビールが進む!
もう一つは海鮮ユッケ。スーパーで刺身おつまみ盛り合わせが50円引きになっていたので即買い。
ブツ切りにして松の実もプラスして和えて卵黄を落とすだけ!
昔バイト先のメニューにあったピリ辛の海鮮ユッケが大好きでそれを真似してつくりました。
これだけのためにネットでユッケソースの作り方を調べまくって、絶対余るであろうコチュジャンもわざわざ買い足しました笑。
でも美味しく出来て彼も絶賛してくれたので、良いんです。疲れて帰ってきたのに、ご飯をみてすぐにまた出かけるから何かとおもったら、コンビニで日本酒を買い足してきていました。
(ちなみにこのご飯はまだやる気があった時のもので、手抜きの時はこんなもんじゃないです。)

FCFG100122303_TP_V

私は、最初に書いたように、たまに実家で料理をしていたので、人並みか、それ以下ですが一応食べれるものは作ることができました。
あと私は、ものすごく食べ物の好き嫌いが多いので(←短所ですね)自分で作った方が手っ取り早い気がして、ちょこちょこ料理はしていましたが、それは自分用、もしくは家族用でした。
他人相手、ましてや彼氏相手にご飯を作るなんて本当に勘弁してくれという感じでした。最初は。
元カレに料理を作ったことはあったけど、それはパックに入っている鍋の汁を買ってきて、具材をきって入れるだけだったので料理とも言えないようなものだったし、
そのついでに何品か簡単なものを作って出しましたが、鍋はしっかり食べて、私の作ったおかずはあまり箸が進んでいなかったのを見て、結構トラウマでした。

(ただその元カレに関していえば、どうやら自分が食べたことのある食材・味付けじゃないと美味しいまずい関係なく警戒してあまり食べない傾向にあるようでした。当時は、は?作ってっていうから作ったのにママのご飯しか食べないマザコンなの?こいつ と結構腹立たしかった。)

今の彼は、好き嫌い無くなんでも美味しい美味しいと食べてくれるところが大好きです。
もちろん最初の頃は緊張しました。
その頃は一緒に住んでいなかったので、彼の家のせまーいキッチンを借りて料理をしていたのですが、まず人様の家の台所を借りてご飯を作るというのが気が引ける。
でも一緒に台所に立って2人でクックパッドを見ながら味付けしたり、炒めてもらったりすれば、もし失敗作になっても一緒に作ったものだからそんなに気にしなくいいし(責任押し付けてるだけ笑)、笑い話にしてお酒を飲める。
あと、私一人で作ったものでも彼が「これ美味しい!どうやってる作るの?」と聞いてくれたり、後日一人で家にいるときに、「くーちゃんの真似してつくってみた!」と同じメニューを自分でも作って写メくれたりして、
ああ、おせじじゃなくて本当に美味しいって思ってくれているんだなぁと思えるようになってからは、彼のためにご飯を作るのがすごく楽しいです。

あと、とても有り難いのが、彼が母親の味付けに固執(言い方悪いけど)してないところ。
もちろん実家で好きだった味付けとかメニューとかあるんだろうけど、「そういうこだわりまっっったく無いから、くみこの好きな味を俺にも食べさせてー。」
と言ってくれるので、そういうとき、ああ好きだなぁと再認識します。

色々と書いていたらなんだか少しすっきりして、明日からまたご飯づくり頑張れそうな気がしてきました。
今月の日照時間はまだ7分?程度しかないらしいですね。
雨続きで嫌になりますが、明日は少し楽しみな予定があるので、気分転換しっかりしようっと!

-ご飯, 同棲