箱入り娘の初同棲ブログ

ゆとり世代、飲んべぇ2人のかつかつ生活を綴ります。

同棲 日常

褒めて欲しい時は自己申告するルール

tatsu130914211875_tp_v

私と彼の間には、約束や決まり事などは殆ど存在しません。暗黙のルールや一緒に暮らしている間に出来上がったリズムのようなものは勿論ありますが、
こういう時はこうする!とか、色々と決めてしまうと、縛られてる感じがして窮屈になってしまうし、
その決まりが守れなかった時にイライラしてしまう気がするので、特に定めていません。

でも1つだけ。

しょうもないことですが、私たちは何か褒めて欲しいことやお礼を言ってほしい時などは、お互いに自己申告するようにしています。
そして些細な事でもお互いに
「ありがとう!!」とか
「すごい!!」とか褒めあう笑。
相手のためを思ってやったことなのに全く通じなくてモヤモヤしたり、真意が伝わらなくて思っていた方向と違う雰囲気になってしまったり、
だからといって恩着せがましく遠回しに言ってみたりするのはお互い性に合わなくて。

だから何かあったら自己申告!
「くーちゃん!これ今月の食費と光熱費!よろしく!」とお金を渡してくれたら過度に喜ぶ。
「うわーーー!いつもありがとう!!ごめんね!これで今月も美味しいご飯を食べて暮らせる!クーラーも付けれる!お仕事ご苦労様!ありがとう!!」
「いえいえ!今月も美味しいご飯とお弁当お願いします!」
こんな感じ。
もしくは深々と頭を下げます。
「ははぁーーーー。(土下座。)ありがとうございます!このお金のおかげで今月も食いつなぐことができます!感謝!謝々!」

「くーちゃん!今日もクイックルワイパー終了です!」
「ありがとう~~!髪の毛落ちてない!気持ちいい!今日も仕事がんばれそう!いつもありがと!食器も洗って行って^^!!←」

反対バージョンだと、
「○○くん!(←彼氏の名前)ご飯出来たよー!今日は彩良くできた!!どう!!??」
「めちゃくちゃおいしそう!ビールに合うね!いつもくーちゃんのご飯が食べれて幸せ!」

「洗濯してYシャツのアイロンもしておいた!完璧!褒めて!」
「なんてできた彼女!本当にありがとう!これで今日も清潔感のある格好で仕事にいける!可愛くてご飯美味しくて俺のために頑張ってくれるくーちゃん!好き(キス)」

てな感じです。
はたから見たらおままごとやってるただのバカップルという感じだと思いますが(もちろん人前ではやりませんが。)でもやっぱり「ありがとう」って何回言っても言われても決して嫌な気持ちにならない言葉だと思うし、「ごめんね」もそう。思ってもないのに謝られてもむかつくってときももちろんあるけど、一言前置きというか、ごめんね、でも、と挟まれるだけで多少違ってくる気がしています。

色んな人がいて色んなカップルの過ごし方があると思うけど、
とにかくありがとうとごめんねを大事にして、何かあったらお互い褒める!!
これ、気持ちがいいし結構おすすめです。
よかったらそこのあなたも同棲生活に導入してみて下さい。

-同棲, 日常