箱入り娘の初同棲ブログ

ゆとり世代、飲んべぇ2人のかつかつ生活を綴ります。

結婚

ゼクシィを購入しました。

2016/11/26

彼のご両親に挨拶に行ったのが10月。
その前の8月?中旬頃の話なのですが、ご両親に挨拶に行く行かないで微妙に揉めたんです。
その時に言われた一言、

「なんか、ちょっと強引すぎ」

これを結構引き摺っていまして。
私のことを友達にも紹介してくれない、親にも紹介してくれない、結婚の話も、1~2年以内にしようね、から何も進めてくれない。
親に大反対されてものすごく怒られて、でも、絶対結婚するから大丈夫!と反対を押し切って始めた同棲。(←これについてもまた詳しく書きますが。)
色々と肩身の狭い状態にあることもあって結婚を急いてる私。
彼に急ぐ気がないなら私が自分で話を進めていかなくては!!!と色々詰めまくって、ご両親への挨拶に漕ぎ着けたんです。

で、言われた一言が

「なんか、ちょっと強引すぎ」

これです。
これ言われたときに、悲しいやらムカつくやら虚しいやらで「もうぜっっっったい自分からは結婚の話をしない!!」と半泣きで半ギレで心に誓ったのですが、
その誓いも脆く、2~3日後友達と飲んでものすごく酔っ払って帰宅した際、彼が会社の飲み会で翌朝まで帰ってこないとわかりまたイライラして、
なぜかコンビニでカップ麺とビールを3本買い足し、ふらっと本屋に入ってゼクシイを購入しました。

1人でガブガブビールを飲みながらカップ麺を啜って初めてゼクシィを開き、気が付いたらイライラは消えて自分がどんな結婚式をあげるのか妄想に浸っていました。
私は子供のころから割と冷めた性格で、キャラクターものとか全く興味なかったし、プリンセスとかに憧れたことも一度もなかったけど、
やっぱり近い将来、自分が大好きな人たちに囲まれて隣には彼がいて、みーーんなが幸せそうで、美味しいものに囲まれて綺麗なドレスを着て指輪をしていて・・・とか考えるとやっぱりうれしくなりました。(もはや近い将来かもわからないし何年も先かもしれないけど。)

ただ初めてゼクシイを読んでびっくりしたのはその情報量の多さ。
前半の結婚式までの流れや、やらなくてはいけないことなどの部分は集中してへぇ~~~~とかはぁ~~~~とか感心しながら見ることができました。私は既に12~13回は結婚式に参列しているのですが、知らないことばかりなんだなぁと思って勉強になりました。
ただ、後半の式場の紹介。
あれは集中して一晩でじっくり見るのは無理ですね。少しパラパラ見ただけでもあ!ここきれい!あ!ここご飯美味しそう!ここ写真が綺麗にとれそう!
そんなのばっかりで見ても見てもキリがなくて…。和装か洋装か、予算やある程度の人数、こんな式にしたい!みたいな憧れ。そういうものが多少なりとも定まっていればもう少し見方も変わってくるんだろうけど、理想とか希望とかが全くなくてまだ何も想像がついていない状態であれだけのページ数の式場を見てもあまりピンとこなくて。

せっかく買ったのに1度見てからあまり開いていません。

 

ちなみに、一人でお酒を飲み過ぎて家で泥酔した私は、数日前に強引過ぎると言われたにも関わらず、飲んで朝帰りして来る彼が一番最初に目が行くであろう食卓の上にわざわざゼクシィを置いて、しかもしっかり玄関の方向に向けて寝たのでした。

朝帰りした彼は嫌な顔をするかと思いきや、意外とあっけらかんとして「あれー?ゼクシィ買ったの?」ですって。
なんだこいつ、びっくりもしないのか。かわくない! と思ったのでした。

-結婚